自給家族になる

源流米ミネアサヒCSAプロジェクト

「源流米ミネアサヒCSAプロジェクト」は、農村集落の農地を保全し、農の営みを途絶えさせず、社会がどう変化しようと、「家族」の食の安全・確保を保証する仕組みを確立し、広く普及することで、全国の消滅の危機にある農村集落を救うプロジェクトです。

ヒントは、押井の里の歴史にありました。縄文時代から3000年続いてきた集落の歴史は、生きるための食の自給、農の営みと共にありました。土地に根差した農の営みが続いてきたから、ここに人が存在し続けたという事実です。農の営みを諦めた時、集落は消滅に向かうのでしょう。

食の自給は、損とか得とかに関わらず、来年も、再来年も確実に食を確保する、家族が生きるための営みです。押井の里の住人が、一つの家族として今も続けている、食の自給、その「自給家族」が増えれば、人口減少とともに荒廃していく農地を守ることができるはずです。

そして、「自給家族」には、食糧危機が来ようとも、自分たちのために育てる安全で美味しい日本人の主食、お米の確実な供給が約束され、押井の里を名実ともに故郷とすることで、自然と折り合い、人の温もりを感じ、豊かで安心できる暮らしがもたらされるはずです。

源流米ミネアサヒ(10kg)米袋デザイン

源流米ミネアサヒ(10kg)米袋デザイン

押井の里が家族に届けるお米は、「幻の米」と呼ばれ、ほとんど流通しない自給のためのお米「源流米ミネアサヒ」。森林から湧き出る清らかな水、昼夜の温度差から生まれる粘りと旨味が際立つお米を、農薬、化学肥料を慣行栽培の2分の1以下に抑えた「特別栽培米」として育てます。

押井の里の田んぼは約6ha、収穫できるお米の量は、平年で400俵(2,400kg)あまりです。6haの農地を守るためには、「自給家族」を、当面、30家族、5年後までに100家族に増やす必要があります。下記「自給家族のきまり」をお読みいただき、共感いただけたら、是非、家族になってください。

自給家族のきまり

1 自給家族
押井の里で米を自給している住民および集落外にお住いの「長期栽培契約者」で、毎年「源流米ミネアサヒ」を契約数量、優先的に供給が受けられる家族を言います。
2 栽培契約
米を自給している住民の組織、押井営農組合と供給を希望する家族は、3~10年の栽培契約を締結し、契約者は、組合員と同等の栽培経費を負担します。米の売買ではありません。
3 栽培経費
栽培経費は、組合員は実費を、契約者は、玄米供給量1俵あたり30,000円(5kg=2,500円)を負担します。組合は、経営の効率化、スキルアップなどで栽培経費を下げる努力をします。
4 取扱原則
米は、生産段階から、取り扱いやすい10kg紙袋(玄米)とし、新設する「みんなの蔵」(大型保冷庫)で保管、契約者は、必要な時、必要な量を自己引取りとします。押井の里に何度も足を運んで欲しいからです。配達、精米は、別途実費をいただきます。
5 お支払い
栽培経費の支払いは、契約者は、当該生産年分を、6月末と12月末の2回で支払います。組合員は、春作業経費、秋作業経費として支払います。
6-1 特典 ①
保冷庫での保管料は無料とします。一括引取り(「みんなの蔵」を利用しない)の場合は、栽培経費を5%値引きします。
6-2 特典 ②
年中新米の美味しさを味わっていただくため、契約期間総数量10俵(600kg)以上の契約者に、組合推奨の卓上精米機(11,000円相当)をプレゼント。(※卓上精米機プレゼントの対象で、「希望しない」方には、米増量、農家民宿ちんちゃん亭宿泊券など、ご相談により同等のプレゼントをします。)
6-3 特典 ③
押井の里の年中行事「天王祭&サマーフェスタ」(8月)「普賢院もみじまつり」(11月)に家族としてお招きします。(要参加費)
7 契約変更
事情により契約を解除または数量の変更等をされる場合は、前年の12月末までに申し出てください。(卓上精米機プレゼントの方は、供給数量10俵以下に変更しかねます。)
8 特約事項
異常気象、災害等で必要供給量が確保できない年があるかもしれません。その場合は家族全体で均等に供給量の調整(減量)をします。栽培経費は変わりませんので減額はありません。一方、大豊作の場合は、増量、イベント招待など喜びを分かち合います。また、社会情勢の変化等により「きまり」を改正する場合があります。
プレゼントとして検討中の卓上精米機「匠味米RC52」(山本電気株式会社様)色は白、黒、赤の3種類から

プレゼント予定の卓上精米機「匠味米RC52」(山本電気株式会社様)。色は白、黒、赤の3種類から選べます。

お申込み方法

下記のお申込書に必要事項をご記載の上、メールまたはFAXにてお申込みください。

お申込み先

メール
mail@oshii.net
FAX
0565-98-1101

お申込書様式

(参考)ご記載事項は下記のような内容となっております。

第1回募集は、30家族限定

「源流米ミネアサヒ」の生産量は限られています。2020年産米から供給が始まる新しい家族の募集は、限定30家族。12月1日から受付を開始します。

まず食べてみたい方は、9月13日から11月11日に募集するクラウドファンディング、「消滅の危機にある“押井の里”を守りたい!幻の米 ミネアサヒCSAプロジェクト」にご協力ください。返礼品としてお届けする「源流米ミネアサヒ」を、ご試食の上ご応募ください。

なお、「自給家族」に関してよくいただくご質問と回答をまとめた「よくある質問」というページをご用意しておりますので、必要に応じてご覧ください。

「押井の里」について

日本中の山村集落を、消滅の危機から救う為のモデルを創る。キーワードは「自給」と「家族」です。食と農のあり方や、持続可能な社会に関心をお持ちの皆さんが、「自給家族」として支え合う仲間に加わっていただくことで、それは実現できます。

まずはあなたから。次に、あなたの親しいお仲間をお誘いいただいて。押井の里のチャレンジ「源流米ミネアサヒCSAプロジェクト」を応援して下さい。

詳細はこちら

Facebook

「いいね!」で応援してください!